一人でブツブツと

ブログ初心者のブログ、アサガオの観察的な感じで、見守って下さい。

駆け込み衝動買い

…9月ももう終わり……。

…もう10月……。

秋のエギングの季節も前半は過ぎようとしているような…

…してないような……。

今年はあと何回海へ釣りに行く事ができるだろう……。

毎日そんなことを考えながら過ごしている。

…話は変わります。

約2週間ぶりの9月27日の釣行では…

次の日の9月28日に朝から仕事があるにもかかわらず、“単にエギングに行きたい”という衝動に駆られ強行出撃。

「どうせ短時間で簡単に釣れるでしょ?

2・3杯釣ってさっさと帰ろう☆」

などとナメた考えでの時間制限有りの無理矢理釣行……。

…………………。

やっぱりこういう時は思うようにはならないようで……。

「こんなはずではなかった…

せめて…せめてボウズだけは逃れよう」

と、なんだかんだでエギングからアジングに……。

f:id:gix3-7:20190930215927j:image

10センチにも満たないマメマメアジ1匹に終わってしまった……。

(本音を言うとこれはこれでうれしいです。)

結果的に

“ただ海に糸を垂らして竿を振り回しに行っただけ”

う〜ん残念。

トホホな気分で家路につく……。

車の中で一人でブツブツ反省会……。

なんで釣れなかったのだろう?

…台風の影響…?

…漁港内ではもうスレまくっている…?

…日頃の行い…?

…その他…?

まぁ周りの人達も誰一人として釣れていなかったし……。(言い訳)

もう自分の下手さを棚に上げて訳の分からないいろいろをグルグルと考えてしまう……。

…余程悔しかったせいか、帰ってからの仕事中も頭から離れない……。

(それでも仕事はきちんとやりました。)

…仕事帰りに釣れなかった気晴らしと消耗品の買い物をしに釣り具店へ……。

…そこで一つの商品が目にとまりある結論に行き着く…

“漁港がダメなら磯に行けばいいじゃない。”

…ということで

…お小遣いの範囲…だし……。

増税前だし……。

これから段々寒くなるから防寒にもなりそうだし……。

f:id:gix3-7:20190930195019j:imageフロート式のライフジャケットを購入。

安全第一という当たり前の思考の下、これまで膨張式のライフジャケットでも大丈夫な足場の安定した漁港やその周りの護岸、そういった場所から狙える範囲の磯場くらいしか手を出していなかった。

これで少しは釣りの幅が広がると思う。

(単に前から欲しかった。)

ついでに……。

“車の中に引っ掛けていろいろ吊り下げる事ができる棒”も購入。

帰宅後我慢できずに早速車に取り付けてみた……。

ハンガーは家にあるやつを使用。

f:id:gix3-7:20190930195238j:imageこんな感じで車の中は少しスッキリした……。

気がするような?

しないような?

…後は釣りに行くだけ。

さいごに

何だかんだ言って釣れなかった憂さ晴らしのための衝動買いですが、これで自分の命を守れる確率が少しでも上がるのなら安い買い物です。

 

 

最後までこのような駄文に付き合っていただきまことにありがとうございます。

これからも何卒よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

釣り具の収納…そして自己満足。

「こんなの作ったよ。」

という話です。

…………………。

使わない時の釣り具……。

ズボラな自分の場合……。

春から秋のシーズン中は大体車の中に積みっぱなし……。

なのでシーズン中はたまに手入れをするだけで気にすることはない…。

(釣りの後は必ず手入れしてます。)

冬の間のシーズンオフでも車の中に積みっぱなしのままにしていると、妻に叱られてしまうので仕方なしに円柱型のゴミ箱に【捨てるな】と書いてまとめて束ねて入れてそのまま…。

時期が来たら取り出してまた車の中……。

それを毎年繰り返し……。。

…これではいけないと思い

ロッドスタンド兼釣り具収納棚

を作ってみることに……。

出来合いのもので充分だとも考えたが、それだと面白くないので一から工作。

工作するにあたり

ざっくりとした“構想”として

  1. 持ってる釣り具分だけ全部収納可能
  2. 拡張可能
  3. 移動可能
  4. 頑丈
  5. 分解して再利用可能

…ざっと求めるものはこんなもんかと……。

 

先ずは完成のイメージを掴むため“ロッドスタンド”で検索して画像を参考に上記の“構想”と照らし合わせてながら構造、パーツ構成、材料を検討。

※設計図は無く、その場の思いつきです。

その場で思いついた設計を基に材料を購入をしにホームセンターへ…。

構想の段階では木材を使用することにしたていたが、ある商品に目が止まり“パーツ豊富で拡張性が高い”という部分に惹かれ即路線を変更。

そこで思いついたままモゴモゴ言いながらカゴに入れ購入したのは…

G-fun

と言う溝の付いたアルミフレームをコネクターなるもので連結させて組み立てるというアイデア次第でいろいろ作れるもの。

f:id:gix3-7:20190921130344j:imageこんな感じ。

いろいろシリーズ化されている模様。

とりあえずそのアルミフレームを

太さ28mmのやつを1000mm×2本、600mm×6本、300mm×2本、100mm×8本

太さ19mmのやつを100mm×8本

ずつ購入。

サイズ別に売られているのは嬉しい。

接合するコネクターやパーツ等は、その場で思いついた必要な分だけ購入。

(内訳忘れました。)

購入点数が多かったのでレジ打ちの店員さんもさぞ大変だっただろう……。

この組み合わせで大体の求めたイメージをクリアできる。

帰宅後、早速作業場にて組み立て開始!

六角レンチでコネクターを締め付けて連結させるとのこと……。

f:id:gix3-7:20190921093120j:imageこんな感じで組み立てるらしい…。

(大変申し訳ございませんが組み立て中の画像はありません。)

f:id:gix3-7:20190920232139j:image組み立てた。

大きさとしては

縦1200×横600×奥行き600

結構大きいが作業場に置くので気にはならない。

でも、思ったよりスカスカ……。

f:id:gix3-7:20190920221041j:imageネクターはこんな感じで接合される。

六角レンチ大活躍。

キャスターは薄型のスパナで締め付けて固定。

移動もできるでよ。

f:id:gix3-7:20190920221454j:imageフレームとは別にアクリル板、一番値段が高かった上に厚さを間違えて購入してしまったが。少しの加工で難なくクリア。

f:id:gix3-7:20190920221123j:imageとりあえず使っていないロッドを立てかけてみる。

いい感じに固定されている。

現在所持しているロッドは6本、余裕で掛けることができる。

万が一増えたとしても拡張可能。

f:id:gix3-7:20190920224253j:imageちなみに上部の固定はこんな感じ。1組ずつ置けるように仕切りを付けている。

1ピースのロッドもあるので高く出来上がった。

ちなみに仕切りの幅は調節可能。

f:id:gix3-7:20190920223850j:image作業場にあった金網を吊り下げて棚にしてみた。

重い荷物を置いてもなんともなかったので大丈夫だと思いたい。

f:id:gix3-7:20190920224052j:image金網部四隅の吊り下げのワイヤーリングは家庭内在庫から。これも取り外し可能。

f:id:gix3-7:20190920224545j:imageリール掛け2本のレールの間にリールフットを通して掛ける方式。

落下防止のストッパーもある。

f:id:gix3-7:20190920221148j:imageリールを掛けてみる。ちょっと長さがあるので切断を検討中。

…………………。

…とりあえずこんな感じで自己満足ロッドスタンドを作ってみた。

構想から組み立て終了までかかった時間は5時間弱。(買い物の移動も含む)

初めてアルミフレームで工作してみたがブロック遊び的な感じでなかなか面白い。

余った部品もあるのでそれを使ってこれからも何か思いついたら作ってみよう。

とも思うような思わないような。

…………………。

まだまだ釣りのシーズン真っ盛りだと言うのにもう片付けの準備をしました。

というお話し。

でも、楽しかったので良しとする。

 

 

さいごに

自己満足での工作なのでまだまだ改良の必要があります。

拡張が可能なため完成しても未完成です。

冬はこういった感じの工作の記事が多くなりそうです。

正直言って普通にロッドスタンドを購入した方がかなり安く上がります。

 

 

最後までこのような駄文に付き合っていただきまことにありがとうございます。

これからも何卒よろしくお願いいたします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

お祭りは見る専門です。

9月16日……。

三連休最終日。

自分の住んでいる山形県では14・15日は各地でお祭り等様々な季節イベント的な催しが多くあり、それが終わると本格的に稲刈りが始まる。

自分の住んでいる地域でもお祭りがあった。市を上げてのお祭りなので結構大きいお祭り。

自分の場合、お祭りとかは“見る専”に徹している。

お祭りは見るだけでも楽しい。

ただそれだけ。

…………………。

話は変わります。

今回も…

またまたまた行って来てしまった……。

YR漁港…。

…3週連続。

他の所も考えたのだが、家から一番近い漁港。(家から約二時間くらいかかります)

午前3時過ぎ釣り開始。

今回はエギングのみ。

状況は前回より気温は低い

風は弱い追い風

水面には小魚の群れが多数

濁りは…いい感じ。

釣り人の姿はまばらで釣り座は選び放題。

常夜灯の灯りから少し離れた場所に荷物を置く

1投目から黙々と流れ作業的に投げてはしゃくりを繰り返す……。

前回の様にすぐには釣れない……。

毎週の様に同じ釣り場に来ていると状況はガラリと変わっているのがわかる。

「あれっ?今回はハズレかな?」

途中違う釣りに切り替えるか迷ったが、それでも釣れることを信じて投げ続ける……。

東の空が少し明るくなって山の稜線がぼんやりと確認できる……。

移動しようかと迷いながら釣りを続ける……。

…………………。

ぬぅ〜っ…

竿先に少し重みがかかる…。

…待ってました。

柔めのロッドでの取り込みはグイグイしなるので小さな獲物でも楽しめる。

(エギング専用ロッドではありません。)

ヨッコイショと引き抜き。

f:id:gix3-7:20190916101752j:imageサイズは……。

胴長13センチくらい。

大きくなっている?…………のだろうか?

まぁ釣り上げたのだから美味しくいただきますね!という事で……。

これでボウズはない。

時間をかけて釣りに行っているのだからボウズは許されない。

…と、勝手に思っている。

とりあえずボウズは逃れたので気持ちは軽い。

場所は変えずに釣りを続ける。

「もう一杯……。」

そんなことを呟きながらも反応はない……。

…辺りを見回すともう明るくなっている……。

…………………。

気分を変えたいので場所を移動。

漁港から外海に向け磯場を狙えるテトラ帯へ…

そこでちょっと後悔……。

…見えイカが多数……。

(釣れる釣れないは別)

「最初からここに来てれば良かった。」

足元に注意しながら迷路のようなテトラポッドを渡って一投目…

…餌木…ロスト……。

「千円…千円が…。」

二週間ぶりのロストに心が折れる

幸いにもリーダーは残っていたのでスナップと餌木だけチェンジ。

底まで落とさず早めにアクション……。

見えイカの鼻先を通し餌木を追わせ手前まで寄せる……。

水面近くでネチネチ……。

…二杯目……。

f:id:gix3-7:20190916101820j:image胴長10センチも無いかなり小さい……。

リリースしようと思ったが、2.5号の餌木にかかったので持ち帰ることに……。

その後も見えイカで遊ぶが釣れなかったのでここで納竿。

結果アオリイカ2杯。

時計を見ると午前8時過ぎ……。

安全運転で家に帰る。

帰宅後釣ったイカを並べる……。

f:id:gix3-7:20190916195312j:imageまな板を汚すと妻に叱られるので牛乳パックの空を開いてまな板替わりに……。

美味しくいただきました。

さいごに

今年のアオリイカは下手な自分でも上出来な程いい感じに釣れていると思います。

 

最後までこのような駄文に付き合っていただきまことにありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


釣行記ランキング

今回のエギングは体力勝負…だと思う②

①の続き。

開始約30分でアオリイカ3杯を上げ今回の釣行は早くも大成功を収める。

 

 

gix3-7.hatenablog.com

 

場所は変わらず左端から……。

現地人……T氏……自分……遠征人

(上記の…の間隔は約10メートルでお願いします)

そのまま釣りを続ける。

(ちなみに、登場人物たちの名前はT氏以外、乗っていた車のナンバーから想像で付けました。)

いつもと違い自己記録に並ぶハイペースな釣果に早くも大満足……。

そんな時、隣のT氏遠征人に声をかけられる。

「調子いいんじゃね?」

「全部足元?」

「全部サイトで上げてたよね?」

…結構見られているたらしい…。

「エヘヘ…明るいから見えますにょ…。」

照れながら答える…そして噛む。

「こりゃあ今日は10…15杯だな!」

…ハードル上げんなや……。

「あはは…無理ぃ、出来過ぎぃ〜。」

みんな釣れているので釣り場は和やかな雰囲気。

そんな中また足元で1杯追加。

計4杯

午後11時半を過ぎたところでピタリと反応が途切れると黙々と釣りをしていた現地人が移動、程なくして遠征人帰った。

T氏に聞く…

「あの二人って知ってる人?」

「初対面…。」

…こういうことが頻繁にあるから釣りは面白い。

…………………。

午前0時過ぎ

しばらくあたりが遠のく……。

T氏と相談…

移動する事も考えたのだが

このままいい場所を捨てて移動するのは勿体ないとのこと、また釣れる時間帯が明るくなるまで2・3回来そうな感じがすると言うのでその時を待つ……。

…………………。

…言われた通りその状況になる。

今度は足元でのサイトフィッシングでなく…

遠投→底まで落とす→大きくしゃくりリフトアンドフォールさせながら餌木を手前に寄せる→常夜灯の灯りが届くギリギリ辺りで底まで落とす→餌木のラトルだけ鳴らすイメージで竿先でチョンチョンと軽く煽る→ネチネチ煽る→

f:id:gix3-7:20190910203612j:imageこの日5杯目を上げる…。

この1杯を皮切りに“ネチネチ攻め”が見事に決まりまた立て続けに3杯。

これで計8杯

自分が好調に釣り上げている中、横目にT氏を見ていたらどうやらこの波に乗れてなかったようだ。

このままT氏に追いつけと気合いが入る……。

…が、そう簡単にはならない。

また釣れない時間帯に入ってしまう…。

時計を見ると午前2時前。

…ドッと疲れが出てくる。

キャストミス…

これではいけないと思い少し休憩……。

クーラーボックスに腰掛けて一服……。

…睡魔に襲われる…。

もともと予定にない釣行、疲れが出るのは当たり前。

この日、午前中は会社で肉体労働、午後から有給を取って家でゴロゴロしていたっけ……。

そういえばゴロゴロの間一睡もしていなかった……。

気付いたらT氏は漁港内を移動しながら釣りをしている……。

そんな中また釣れる時間帯に入る。

足元で1杯、“ネチネチ攻め”で1杯……。

その後何度か反応は有るものの集中が続かずバラしとフッキングミスを繰り返す。

計10杯……。

自己記録を軽く更新した満足感と疲労感でまた睡魔に襲われる。

時計を見たら午前4時前

体力の限界……。

荷物をまとめて車に戻り仮眠をとる……。

…………………。

…車のドアが開き体を揺すられる。

何事かと思い驚きながら目を覚ますとT氏…

朝マズメだから起こしたとのこと。

周りは薄っすら明るくなっている……。

自分が寝ている間3杯釣り上げていたとのと。

この波に乗せない訳にはいけないからという事で無理矢理起こしたらしい。

時間は午前4時半を過ぎている。

寝ぼけながら釣り座に戻り竿を振る……。

変な姿勢で寝ていたため体中が痛い……。

じっくりネチネチ攻めていると軽いアタリ…

…反応できない。

その後何度か攻めるも何も起こらず……。

…エギング終了。

T氏はポツポツとアオリイカを上げていた……。

気分を変えカマスでも釣ろうと竿を替えてライトゲーム開始……。

1匹掛けるも取り込みミス……。

再度投げたら……。

f:id:gix3-7:20190911090758j:image…アジ!

…なんか嬉しい。

その後期待しながら何度も攻めるがこれ1匹で終了。

時間は午前6時半を回ったところでT氏と同じく納竿。

後片付けを終え漁港を眺めながら何か談笑していたが内容は覚えていない……。

午前7時カエルコールを妻に送るが電話に出ない……。

ガッカリ気分で漁港を後にする……。

安全運転で帰宅してクーラーボックスからイカを降ろす。

f:id:gix3-7:20190911093457j:image釣れたイカを並べてニヤリ。

(汚い画像で申し訳ありません。)

洗って処理して今回の釣行は終了。

さいごに

アオリイカを家族で食べたところ

『美味しかった』とのこと

そう言ってもらえただけでもかなり嬉しい。

 

 

最後までこのような駄文に付き合っていただきまことにありがとうございます。

これからも何卒よろしくお願いいたします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

今回のエギングは体力勝負…だと思う①

9月7日土曜。

仕事を午後から有給を取り、家で何もせず明日は何をしようか考えながらゴロゴロ……。

いつの間にか陽も落ちて台所では妻が夕食の支度をしている。

食卓に夕食が並び席に座ろうとした時、スマホの着信音が鳴った。

送信元は取引先のT氏…

そういえば、仕事中に先週の釣行に行った話をしていたのを思い出した……。

 

 

gix3-7.hatenablog.com

 

 

gix3-7.hatenablog.com

 

 

どうやら彼は今YR漁港にいるとのこと、今週も釣りに行っているだろうと思っての電話だった。

話を聞くと、自分のことを釣りをしながら探していたらしい……。

…約束していなかったのだが…。

なんか…ごめんなさい……。

このところ二週連続で釣りに行っているものだから、今週は釣りをお休みするつもりでいたのだが、現場の状況を聞くと良さげな感じ……。釣りに行きたいという気持ちが沸々と湧いてきたがそこは抑えながらも『行けたら行けます』的な感じで電話が終わる。

仕事の電話だと軽い嘘をついて食事の席についたのだが、落ち着きがなくなっていたのを妻に察知されていたらしく冷たい視線が突き刺さる……。

気にしつつ平静を装いながら食事を済ます。

再度テレビの前で座布団を枕にゴロゴロ……。

釣りに行きたい気持ちになってソワソワ……。

気持ちを無理矢理抑えつけようとウロウロ……。

…………………。

それを3セット……。

気がついたら食卓の片付けを終えた妻が居間のソファーでくつろいでる……。

「…あのさ……。」

恐る恐る話を切り出す。

「…………………。」

「さっきのさ…

電話でさ…

釣りの話でさ……。」

モジモジとしながら勝手に進める。

「…………………。」

不機嫌そうな視線に怯みながら更に続ける。

「俺もさ…

行きてぇのさ…

釣りに…

おねげぇしやす(お願いします)…。」

「…勝手にしたら…?」

呆れた表情でOKをもらう。

いつものことなので気にしない。

他にも何か小言的なこと言っていたようだが聞こえなかったことにする。

「ありがとうごぜえやす(ありがとうございます)!本当に申し訳ございませんがこの埋め合わせは必ず…!」

そう言いつつも既に行く気満々で着替えを済ませている。

「それでは行ってくるドン!」

…もう何のキャラか分からない……。

そんなこんなで急いで車に乗り込みYR漁港へ…

向かう途中、T氏に今からそちらに行くと連絡を入れたら釣れているとのこと、ワクワクしながらも安全運転で海に向かう。

…………………。

家から出て2時間、ようやくYR漁港に到着。

車を降りてT氏を探す……。

…車を停めたすぐ目の前に彼はいた。

様子を聞くと連絡をとった後にも追加したとのことで、今のところ6杯。

周りの人も好調らしい。

早速道具を車から出して釣り座に着く……。

目の前で釣りをしている人は左端から……。

現地人……T氏……………遠征人

…の順、断りを入れてT氏遠征人の間に入る。

今回の釣り座は前回と大体同じ常夜灯の有る所、風は軽く追い風、水面は小魚の群れが多数あり、底は見えないものの透明度はいい感じ。

あれから約一週間、今回はアオリイカをメインにエギングを体力が続く限りやってみる。

午後10時過ぎ釣り開始。

始めのうちは釣れないのはいつものこと、まだ始まったばかりなので焦ることはないのだが隣でT氏が2杯立て続けに上げているのを横目に見ているとやっぱり焦りは出てくる。

最初のあたりでは掛かりが浅くバラしてしまい墨を吐かれた……。

気を取り直し吐かれた墨が流れるのを待つような感じで遅めにじっくりと攻める。

足元の底まで餌木が来たら少し強めにしゃくり上げ水面付近でピタリと止め少し待つとイカがスゥーっと寄ってきた、ここからはかけ引き、餌木の様子を見ているらしく、ツンツンとつついては離れを繰り返す。

2・3回程繰り返す……。

餌木がイカに包まれラインが走り出す……。

今度は慌てずゆっくり合わせを入れ確実にフッキング。

テンションは張りつつ海中で墨を吐かせヨッコイショと引き上げこの日の初イカを獲る。

f:id:gix3-7:20190910085141j:image胴長10センチあるかないか…

使った餌木は2.5号。

早速ピックで締めて画像を撮り袋に入れクーラーボックスの中へ……。

…出だしは自分としてはかなり好調。

その後、同じ様な方法で立て続けに2杯……。

画像は撮らない。

時間は午後10時半ちょい過ぎ……。

…夜は長い……。

 

②に続きます。

さいごに

いつも読んでいただきまことにありがとうございます。

大変申し訳ございませんが3分前後で読める記事を書くことを試みています。

今回も長くなるので2回に分けます。

何卒よろしくお願いします。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

突発釣行②

雨から逃げるようにKB漁港を出て、きた道を戻る。

午前5時半過ぎ。

まだ日曜日は始まったばかり。

国道7号を北へ…。

トンネルを抜けて山を登る。

登りきった場所から左に国道を外れる下りる道からまた違うYR漁港が見える。

…あれ?雨が降っていない。

道路も乾いている。

それならば様子見て再度釣りをしようと思い立ち寄ることにした。

先に行ったKB漁港よりも大きいYR漁港、釣り場としては過去にいい思いをさせてもらった実績があり印象としては悪くない。

駐車場へ車を止めて歩いて様子を見る。

停泊している漁船の周りで竿を出している人が数組サビキで小アジを釣り上げている。

足元には墨跡が多数ある。

ここでもアオリイカは釣れているようだ。

再度釣りをすることにした。

車に戻りこの釣行の始めに使っていたエギングロッドの切れたリーダーを結び直し釣りを再開。

雨が降ったら困るので車からすぐの場所で竿を出す。

まずはエギング……。

…………………。

…あまり集中出来ない……。

目的を達成してしまっている安心と疲れからくる集中力の欠如のためにからしゃくり方も雑になってくる。

そんな最中、様子を見に来たであろう初老の釣り人から声をかけられた。

釣り人A「釣れてる?」

「まだここで始めたばかりなんで釣れてないっす。」

釣り人A「オレもエギングやったんだけどノォ、雨降ってっからノこっち来たんだノ」

「…はぁ。」

どうやら地元の人のようだ。

釣り人A「KT漁港でしてたんだけどノ、アオリイガ3つばっか獲ってノ。」

「オレ、KB漁港で1杯だけ、下手くそなんで…エヘヘ…」

(KT漁港は最初に行ったKB漁港の1つ南にある漁港です。)

…そんな会話をしながら早くどっか行ってくれないかと思いつつも釣りを続ける。

釣り人Aに見られヘラヘラしながら竿をしゃくっていると…

「ここ、釣れますか?」

…釣り人Bが現れた……。

黒い股引(スパッツ?)に短パンTシャツ、顎紐ゆるゆる帽子にサングラス……。

最近よく見かけるオシャレ服装……。

ペットボトル体系の自分にはできない格好だ。

雰囲気的に釣りが上手そうに見える。

「墨跡あるんで釣れてるんじゃないっすかね?」

釣り人Bが足元を見る

釣り人B「隣入りま〜す!」

そう言って30メートル位離れた場所で竿を構える。

釣り人A「スンゲェ(凄い)格好だノ!」

……釣り人A……。

聞こえるじゃねーか。

ビョッ!

多分聞こえてたのだろう釣り人Bのキャスト音が漁港内に響く。

思わず手を止め釣り人Bの方を見る……。

ビャッ!!ビャッ!!

やはり、しゃくりの音も爆音だ。

自分もこんな音を出して見たいので動きを真似してみようと横目に見ながらしゃくる……。

…そう簡単にはいかないみたい……。

釣り人A「スンゲェ(凄い)ノ!親の仇みてぇにしゃくるノ!」

…………………。

やはり聞こえていたのだろう3投ほどで釣り人Bはムっとした感じで漁港から出て行った……。

釣り人A「ありゃー!もうどっか行った……。」

…当たり前だ。

横であんなこと言われてたら居心地悪いわ。

少し心が荒みながら黙々と釣りを続ける……。

釣り人A「ここはよ!アジの泳がせで昔はよく釣ったんだノ。」

「あー、んだっすか……。(そうですか)」

釣り人A「オレ帰えっからがんばってノッ!」

「…………………。」

無言で手を振るだけで答えながら釣り人Aを見送る。

投げてそのままの餌木を釣り人Bの真似をして強めにしゃくり上げるが思ったような音がならない……。

その後も何度かチャレンジ……。

「…多分ガイドに笛ラムネでも仕込んでんだろう……。

なんかちょうど良さそうだし……。」

荒んだ心でおかしなことを口走ってしまう。

午前7時、周りを見ると家族連れの人達がサビキで小アジを釣っている。

そこで、釣り人Aの言ってた泳がせ釣りをしてアオリイカを狙ってみようと思い立ち、車に戻り泳がせ釣りの仕掛けの在庫があったはずなので荷物を漁る……。

…が見つからない。

そのうち出てくるだろうと思い、先に餌の確保としてアジングに切り替える。

岸から近いところを攻める…

サイズが小さいせいか何度も上げ切る前に落としてしまう…。

気分を変えようと遠投してみる…

ゴゴンと少し強めのあたりを感じる。

軽く竿先を煽るように合わせを入れる……。

ん?乗らない?

再度遠投……。

同じようなあたり、今度は強めに合わせる。

乗ったようだ。

「何が出るかな♪何が出るかな♪」

数時間ぶりの魚に鼻歌も出る。

巻き取りが近づくと何が釣れたかを楽しむために見えるか見えないのところで目を閉じる。

手前にきたと感じたところで一気に抜き上げ。

竿には魚の暴れる感触がある。

取りこぼしてはいない。

閉じていた目を開いて魚とご対面……。

f:id:gix3-7:20190903211102j:image……………………………………。

カマス……。

「うん…大体わかってた……。

見えてたし……。」

…とりあえず画像におさめて即リリース。

ここで変なスイッチが入る。

アジ狙いを諦めてスーパーカマスタイムに突入。

食べたら美味しいのはわかるが持ち帰りはせずただ釣って即リリースを飽きるまで黙々と続ける。

サイズは20センチ前後、何匹釣れたのか数えていない。

午前9時過ぎ気温も上がり汗ばんできたので納竿。

この漁港ではアオリイカは釣れなかったが、楽しめたので結果としては大満足。

後片付けをしてたら近くで釣りをしていた父子に声をかけられた。

父「あの…すみません。」

「はいはい。」

満足しているので返事も明るい。

父「お聞きしますが今釣っていた魚って何ですか?」

「あー、えー、か、カマスです。」

照れながら答える。

父「カマスですか?」

父「カマスって言うんだってー。」

子「カマスー!」

…父と子の微笑ましい光景……。

「あの……。」

父「はい。」

「要りましたか?」

そこに水を差す汗臭い男……。

父「要らないです。失礼します。」

「…………………。」

…………………。

そそくさと後片付けを済ませて漁港を出る。

 

時計の針は午前10時前……。

 

 

さいごに

釣り場で偶然出会った人たちとのコミュニケーションって楽しいですね。

今回の釣行はもともと予定になかったので、行かせてくれた妻に感謝です。

最後までこのような駄文に付き合っていただきありがとうございました。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

突発釣行①

金曜日の朝刊には釣り情報的な記事が掲載されている。

朝に新聞を読む習慣がないのでその情報は夕方に知ることになる。

アオリイカが釣れ始めている。』

…とのこと。

そんなことはもう前回の惨敗で身をもって体験している。

 

gix3-7.hatenablog.com

 

モヤモヤした気分のまま週末を迎える。

土曜日の仕事をそこそこに切り上げて帰宅。

いつもと変わらない食卓、食べ終えたらテレビの前に横になる。

仕事の疲れもあり眠気に襲われ一眠り。

バタバタと家事をこなしている妻の足音で目を覚まし風呂に入る。

布団に横になってぼんやりしながらの寝落ち。

何故かわからないが目を覚ます。

時計を見ると11時。

まだ日曜日では無い。

軽い喉の渇きを感じ水を飲みに台所に向かう。

居間では妻がテレビを見ている。

ダメ元で妻に出撃の要請を出す。

意外にもOKが出たので気が変わらないうちに着替えて緊急出撃。

午前0時家を出る。

真夜中の峠道は前にも後ろにも車はなく山を降りるまで孤独ドライブ。

はやる気持ちを抑えながらも安全運転。

行き先は前回と同じKB漁港。

トンネル前のコンビニに寄り物資の調達と一服。

再度車を走らせ午前2時過ぎ釣り場に到着。

漁港の駐車スペースには先行者の車が数台、港内には家族連れの人達が竿を出している。

外を見渡すと防波堤の上から外海に向けてエギングをしているであろう懐中電灯の光りがちらほら……。

とりあえず道具を出し前回と同じ釣り座につく。

足元には真新しい墨跡が多数…

ここでイカが釣れているという証拠ではあるのだが羨ましいと思う反面あまり良い気分では無い……。

そんな嫉妬心にも似た何かを覚えながら午前2時半前釣り開始。

とりあえずエギング、アオリイカ狙い……。

釣り座は漁港入り口先端、周囲には人影が無く真後ろ以外どの方向にも投げ放題、対岸には大きめの岩場がありその周りは船の通り道らしく深い。

墨跡はその方向からの釣り上げた跡みたいだ。

まずは岩場の手前から探る…

使う餌木は2.5号、夜が開けていないのでラインの変化ではあたりが分からないので少しテンションを張り気味に攻める。

開始数投目からあたりはあるが下手くそなせいで全く乗らない……。

少しずつ焦りながら数投…

…根掛かり……。

何度か煽って外れたが餌木をリーダー部分からロスト……。

「あうぅ…800円……。」

リーダーを結び直すのが面倒なので、すぐさま車に戻り別のロッドに変更。

気を取り戻し再開。

使う餌木は同じく2.5号

少し遠投気味に岩場の横を通すように攻める……。

その一投目、着底手前で軽くしゃくり上げ少しラインを張り気味に落とし込んでいると…

“ぬぅ〜”

竿先を少し引っ張られるようなあたり…

そこで軽く巻き合わせ…

乗ったようだ。

巻いている最中水面から姿を現わす…

ピュッと墨を吐く…

久しぶりの感触がロッドから伝わってくる。

手前に引き寄せ今年一杯目のアオリイカを釣り上げた。

f:id:gix3-7:20190902151842j:imageまだ小さいがこれでボウズはない。

当初の目的は達成。

残酷だが眉間にピックを刺して締めるイカの色が白くなる瞬間に釣れたことを実感する。

「家に帰ったらおいしくいただきます…。」

袋に入れてクーラーボックスへ……。

とりあえず一安心、この後数投ほどやってみたが反応はなく、これ以上エギングでの追い討ちはせずここからライトゲームに切り替えて釣りを再開。

全く釣れないが気にしない。

だって、目的は達成したんだもの。

午前5時過ぎ空はもう明るい。

雨が降り出したので車に戻って雨やどり。

すぐに止むような気配は無く更に強く降ってきたので逃げるように最初の漁港を後にする。

午前5時半、家に帰るにはまだ早い。

 さいごに

ちょっとの釣果でもすぐに嬉しくなる簡単な男ですよ。

②に続きます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村